メニュー

禁煙外来

drugs-2091747_640

禁煙外来、始まります!

タバコをやめられない人は、「ニコチン依存症」という立派な病気。

依存を作り出すのは、脳が分泌する快楽物質・ドーパミン
なんと覚せい剤への依存と同じメカニズムなんです。
ドーパミンは、「嬉しい!楽しい!やる気出る!」と言った精神状態をもたらす神経伝達物質です。
普通の人は、日常的にドーパミンがある程度分泌されているのに、タバコに依存している人は、タバコを吸わないとドーパミンが分泌されなくなってしまいます
普段から幸福度が下がっているとも言えるかも!?

ですから、ちょっと禁煙すると、ドーパミンが分泌されないためにイライラ・ソワソワ落ち着かない状態になるんですね。

お医者さんで禁煙すると、お薬を飲みながら禁煙ができるので、ドーパミン分泌が補われ、禁煙のつらい症状が緩和されます。

禁煙外来の流れ

スクリーンショット 2017-05-06 9.48.38

健康保険等による禁煙治療は12週間に5回の受診(パッチの場合、8週間に4回)で完了します。

スクリーンショット 2017-05-06 9.47.59

  1. まず、上記のニコチン依存度をチェックします。
  2. 喫煙年数×本数を計算します。
  3. 「テストが5点以上」「計算が200本以上」の両方を満たすことでニコチン依存症と診断されます。
    すると、保険適応で治療を受けることができます。
  4. 毎回、呼気中の一酸化炭素濃度を測定します。
  5. 初回に禁煙開始日を決定し、禁煙宣言書にサインします。
    決断することで、成功率が上がります!
  6. ご自身にあったお薬を選択します。
    1)内服剤(バレニクリン:チャンピックス®)
    2)貼付剤(ニコチンパッチ:ニコチネルTTS®)
  7. 初回診察以降、
    1)内服剤の場合:2週後、4週後、8週後、12週後の計4回
    2)貼付剤の場合:4週後、6週後、8週後の計3回
    禁煙の継続のための治療を行います。
  8. 最後の受診時に、心も体もタバコから離脱していて、禁煙が継続できていたら、晴れて卒業です!

禁煙外来の費用の目安

パッチと内服で費用の違いがあります。

スクリーンショット 2017-05-06 9.49.43

より詳しいことは「すぐ禁煙.jp」へ!

ご予約

5月12日からスタートします。
どの曜日でも禁煙外来をお受け頂くことができます。
オンラインのご予約:こちら (禁煙外来の枠を選択ください。)
お電話でのご予約:06-6360-7199

????  完成170329-1 りさ先生 完成0329-1
「やる気さえあれば、必ず成功します。一緒に頑張りましょう!」

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME