メニュー

遅延型アレルギー検査

いわゆる「隠れアレルギー」の検査です。
遅延型フードアレルギー検査では、従来のアレルギーに対する血液検査では特定できなかった食べ物と症状との因果関係を明らかにします。


しかし、後述しますが、アレルギー学会などは本検査について否定的な見解を示しており、当院でも症状と照らし合わせながら、診断の補助として慎重に解釈しています。
その為、必要な方にのみ、ご理解とご希望があればご提供しています。

food allergy

その不調や症状は食べ物によるアレルギーかも?

アレルギーといえば、湿疹や蕁麻疹、鼻炎症状などを思い浮かべるかも知れませんが、その反応は様々です。
なかでも、遅延型フードアレルギーは特に因果関係分かりにくく、自覚しづらいのが特徴です。

食べてすぐに症状が出る即時型アレルギーは、じんま疹や喉のかゆみ、呼吸困難などの症状として現れるので、通常は自分自身が認識しており、自覚があるものです。

現在主に一般診療で行われているアレルギーに対する血液検査は、即時型アレルギー抗体(IgE抗体)を測定するものです。

けれども、遅延型フードアレルギーは、遅延型アレルギー抗体(IgG抗体)によって起こる反応で食べた後6時間から24時間後、もしくは数日後に、体がじっくり炎症を起こすタイプのものです。
さらに症状は、一般的にアレルギーの症状とは考えられていないような様々な不調としても現れるので、食べ物によるものと自覚しづらいのです。

遅延型フードアレルギーの多彩な症状

フードアレルギーは食べ物に対する免疫の過敏反応です。
通常は口にできる食べ物は安全なものですが、腸内環境の悪化による腸のバリア機能の低下などで血液の中に抗原(アレルゲン)となるたんぱく質が入り込むと、免疫細胞が有害な異物と勘違いして過敏に反応することがあります。

遅延型のアレルギー反応の場合は、全身の免疫細胞による炎症によって起こる症状です。

  • 消化器:過敏性腸症候群、ガスがたまる、便秘、下痢、吐き気
  • 神経・精神:片頭痛、不安神経症、情動不安定、憂鬱、集中力不足
  • 筋骨格:関節炎、関節痛、筋肉痛、だるさ
  • 泌尿器:夜尿症、頻尿、尿意切迫
  • 生殖器:膣のかゆみ、おりものの変化、月経前症候群、更年期様症状
  • 呼吸器:喘息様症状、鼻汁、鼻閉、慢性咳、咽頭の違和感、蓄膿
  • 循環器:不整脈、頻脈、高血圧、胸痛
  • 皮膚:湿疹、アトピー性皮膚炎様湿疹、ニキビ
  • その他:慢性疲労、むくみ、めまい
    他・・・

これらはごく一部であり、全てではありません。
その他の不調や症状として現れる可能性は十分にあります。
食べ物とこれらの症状の因果関係は、慎重に検証してみると何となく見えてくる場合もありますが、たいていの場合は特定が困難です。

遅延型フードアレルギー検査

結果サンプル

スクリーンショット 2017-01-31 11.07.44スクリーンショット 2017-01-31 11.07.59

当検査は、少量の血液で96種類のフードアレルギーの分析が可能です。
従来のアレルギーに対する血液検査では特定できなかった食べ物と症状との因果関係を明らかにします。

  • 乳製品:カゼイン、チェダーチーズ、カッテージチーズ、牛乳、ホエイ(乳清)、ヨーグルト
  • フルーツ:りんご、アボガド、バナナ、マスクメロン、チェリー、ココナッツ、ぶどう、グレープフルーツ、キウイ、レモン、マンゴー、オレンジ、パパイヤ、桃、パイナップル、いちご、すいか
  • 魚介類:あわび、はまぐり、たら、かに、いか、かき、金目鯛、鮭、すずき、えび、まぐろ、ほたて
  • スパイス:カレー粉、しょうが、マスタード、黒コショウ、赤唐辛子、バニラビーンズ
  • 肉類:牛肉、鶏肉、卵白、卵黄、ラム、豚肉
  • 穀類・ナッツ類:アーモンド、インゲン豆、あずき、大豆、サヤインゲン、そば、カシューナッツ、トウモロコシ、グルテン小麦、緑豆、カラスムギ、ピーナッツ、ピスタチオ、玄米、白米、ライ麦、ごま、くるみ、全粒粉
  • 野菜類:たけのこ、もやし、にがうり(ゴーヤ)、ブロッコリー、キャベツ、にんじん、カリフラワー、セロリ、きゅうり、なす、にんにく、海藻、ねぎ、レタス、きのこ類、オリーブ、たまねぎ、ピーマン、さつまいも、じゃがいも、かぼちゃ、ほうれん草、トマト
  • その他:ココア豆、コーヒー豆、はちみつ、さとうきび、緑茶、パン酵母、ビール酵母

特定のアレルギー抗原を見つけることで、慢性的な症状解消の手助けになるかもしれません。 

受診の流れ

  • 必ずお電話で受診予約をお取りください。
    検査の準備が必要になりますので、1週間後以降の予約日をお取りください。
  • 予約日に受診頂き、問診と血液を採取を実施します。
  • 3〜4週後に結果が送付されてきますので、それ以降に再診予約を取って頂き結果説明をします。

4月よりご予約可能です。
木曜日・土曜日AMの桐村の診察時間にご予約下さい。

 

スクリーンショット 2017-03-15 14.06.31

費用(税込)

自費診療になります。

検査費用
  1. 遅延型フードアレルギー検査:25500円

 本検査のみのご相談の場合は、以下の費用が発生します。

診察費用
  • 初回診察・問診:5500円
  • 結果説明・再診料金:5500円

 本検査は解釈が難しいため、結果はご郵送が可能ですが、
 再診の上医師とお話頂くことをお勧めします。

合計費用
  • 初診時:初回診察・問診:5500円+各種検査料金
  • 結果説明・再診時:5500円

治療と指導

  • 原因食品の中止(3〜6ヶ月程度)
  • 腸内環境の改善

検査結果で陽性になった食べ物を全て禁止する訳ではなく、自覚症状と検査結果を照らし合わせて判断する必要があります。
遅延型フードアレルギー検査でIgG抗体陽性となった食品でも、
必ずしも症状を起こしているとは限りません。
症状の原因となっている疑いがある食材は、基本的に数カ月の間摂取を避けてみます。
しかし、その後少量ずつ、症状をみながら再開していきます。
最新のアレルギー研究において、アレルギー食品を除去するよりも、少量ずつでも口から摂取することによって免疫反応を抑えるT細胞(Tレグ)の働きが活性化され、アレルギーが改善する可能性が報告されています。
免疫寛容といい、食品などの異物を危険なものとして攻撃する免疫反応を抑制し、安全なものとして受け入れる働きです。

また、通常は安全であるはずの食べ物でアレルギーが起こるということは、腸の壁細胞のバリア機能が低下して、未消化のタンパク質抗原が血液中に入っている可能性が高いと考えられます。
アトピー性皮膚炎などで皮膚のバリア機能が低下している場合も、経皮感作と言って皮膚からアレルギーを引き起こすことがありますので、皮膚の保護をする必要があります。
その為、腸内環境を改善する食生活や腸管アプローチ、皮膚の保護を講じることで、今後アレルギー症状を起こさずに安全に食べることを楽しめる素養を作ります。

具体的には

  • 野菜・海藻・きのこ類などをしっかり食べる
    腸の有用菌によって水溶性食物繊維が分解され短鎖脂肪酸に変化すると腸の壁細胞の栄養になりバリア機能が回復する。
  • Lグルタミンを摂取する
    腸の壁細胞の主な栄養源であり、細胞修復を行うアミノ酸を補う。
    5g以上が推奨されています。
  • プロバイオティクスで善玉菌を補う
    腸の壁細胞の強化を助ける菌種の善玉菌を摂取する。
  • オリゴ糖などを摂る
    難消化性オリゴ糖(ラフィノースなど)は善玉菌を増やします。

注意事項

 日本小児アレルギー学会では、食物抗原特異的IgG抗体は食物アレルギーのない健常な人にも存在する抗体であり、このIgG抗体検査結果を根拠として原因食品を診断し、陽性の場合に食物除去を指導すると、原因ではない食品まで除去となり、多品目に及ぶ場合は健康被害を招くおそれもあるという理由で、食物アレルギーの原因食品の診断法としてIgG抗体を用いることに対して、推奨しないことを注意喚起しています。
 米国や欧州のアレルギー学会でも食物アレルギーにおけるIgG抗体の診断的有用性を公式に否定しています。

 これらは、最新のアレルギー研究を踏まえた見解であり、確かに、この結果をもって陽性に出た食材を全て禁止することは、適切ではありません。
前述のように、症状と関連なくアレルギー陽性になることがありまし、
最近のアレルギー研究においては、アレルギー予防のためには、食材を禁止にするよりも、むしろ口から摂取して、Tレグを惹起して免疫寛容を起こすことでアレルギー反応を起こさなくする方法が推奨されています。

その為、この結果をもって原因食材を全て禁止にすることは当院でも推奨していません。
これらを踏まえた上で、症状と食品の関係、また腸内環境の状況を知る為の手掛かりとして結果を使用し、原因の解明に役立てていきます。
他の検査で何も異常がないのに不調や症状が出る場合の原因治療の手掛かりになればと思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME