メニュー

糖尿病って何だろう?

pancreas

糖尿病って何だろう?

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態をさす病気です。
最近は、タンパク質が糖と結合する糖化が老化の一要因と考えられていますが、糖尿病こそ糖化の病気で、ミトコンドリア・細胞・内臓・血管などを含めた全身が極めて老化しやすい状態といえます。

糖尿病には主に「インスリン依存型(I型)糖尿病」と「インスリン非依存型(II型)糖尿病」の2つのタイプと何らかの原因で血糖値が悪化する「2次性の糖尿病」があります。

インスリン依存型(I型)糖尿病(IDDM)

ウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されておきる糖尿病です。全体の5%の方が、こちらのタイプの糖尿病です。
生活習慣によらず、若年から急に発症することが多いのですが、中年以降に発症するタイプもあります。

治療
膵臓が荒廃し、インスリンが全くと言っていいほど分泌されなくなるので、
糖質を含む一般的な食生活ではインスリン療法が必須であり命綱となります。
当院では、専門医やライフスタイルの指導に長けた医師が総合的にみなさまをサポートします。
詳しくは→当院のインスリン治療へ

インスリン非依存型(II型)糖尿病(NIDDM)

遺伝要因にくわえて、食習慣や運動習慣、ストレスなどが加わって発症する糖尿病です。
95%の糖尿病がこのタイプです。

一人一人のライフスタイルが大いに関係していますので、
自分自身の選択や行動の基準・パターンを知り、
ライフスタイルを変えることで、
薬がなくていい状態まで改善することも可能です。

しかし、血糖値を高いままにしておくと、
糖化や酸化が動脈硬化を起こすことで合併症を招きます。

  • 下肢切断のリスクを伴う神経症
  • 失明のリスクを伴う網膜症
  • 人工透析のリスクを伴う腎症

を3大合併症として、
血管が詰まることによって、脳梗塞や心筋梗塞
また、細胞のエネルギー不足や遺伝子の変異などを招き、
ガン化のリスクもアップします。

不摂生をしている人で
「どうせポックリ逝くからいいんだ!」という声もよく聞きますが、
ポックリ逝くなんてよほど運が良くなければ無理な話。
寝たきりになり、自由がきかず、家族にも負担をかけることになり兼ねません。
糖尿病を持ちながらも、自分で意識を持って健康的に自立すれば、
生涯現役も夢ではありません。

自分自身のライフスタイルが病気を創ったという自覚を持ち、
自分自身で改善するという主体性が大切です。
生まれつきの遺伝子があってもライフスタイル要因がなければ発症はしません。

私たちはあくまでも、皆様が自分自身で克服するためのサポーターに過ぎません
病的なライフスタイルを診断し、
健康的なライフスタイルを創造するサポートをします。
医者や薬に依存するのではなく、
健康的に自立できることが目標です。

そのために、ライフスタイルとして、
食習慣や運動習慣を作っていくことがまずは大切です。

その上で、必要な段階で、
内服薬やGLP-1受容体作動薬、インスリンなどの注射剤による薬物療法を行います。

詳しくは→当院の糖尿病治療の特徴へ

2次性糖尿病

何らかの原因で糖代謝が悪化して起こるタイプの糖尿病です。
原因疾患としては

  • 膵臓疾患(急性膵炎・慢性膵炎・膵がん)
  • 肝疾患(肝硬変・アルコール性肝障害)
  • ホルモン代謝異常(クッシング症候群など)
  • 薬剤性(ステロイド・経口避妊薬など)
  • 遺伝性(インスリン受容体異常など)
  • 妊娠糖尿病(妊娠中に診断された軽度の糖代謝異常)

特に、糖尿病と初めて指摘された際に、すい臓がんがないかどうかを検査することは大変重要です。

また、妊娠糖尿病では、母体だけでなく、胎児にも悪影響を及ぼします。
糖尿病を以前から指摘されている妊婦の出産も同様です。
流産や早産、胎児発育不全や機能不全、先天性の異常、出産後の低血糖などのリスクを伴いますから、しっかり管理する必要があります。

糖尿病の検査に伴い、何らかの重症な疾患がベースに見つかった場合や、入院を要するような急性期治療が必要な場合、また教育入院が必要な場合などは、連携している大規模な病院にご紹介します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME