メニュー

生活者が健康になるコミュニティ

人を健康にコミュニティを健康に

生活者が健康的に自立し、
コミュニティ全体が元気になるための社会システムの構築に
貢献することは医療機関・医療従事者の役割だと考えています。
私たちはこれまでも地域における健康増進活動を積極的に行ってきました。

人は環境の一部であり、
特に日々の暮らしを営む生活環境に強く影響を受けています。
人の健康は地域の健康がなければ実現しません。

当院の周辺地域においても、
地域を健康にしたいと考え活動する多業種の皆さまと積極的に協力させて頂きたいと考えています。
ぜひ、我々にお気軽にお声かけください。

活動の実績

当院の医師は、企業の健康を守る産業医でもありますが、
企業の皆さまと協力の下、CSH(Creating Social Happiness)活動を継続的に行っております。

企業と共に取り組む活動実績

一般社団法人チームミライズ

logo

研修・指導を行った企業の取り組みが認められ、経済産業省が認定する「健康経営優良法人」に認定されました。
中小企業部門で、関西では10社しか認定されていません。

20161121003-a

 スクリーンショット 2017-03-10 0.03.46

Creating Social Happiness=社会的幸福の創造

「生きる心地」の質を上げるため、ワクワクしながら健やかな生活をデザインします。
健康・運動・食事、、、そして未来。
社会と共に笑顔があふれる未来を創造することに取り組んでいます。
活動として、

  1. 地域の飲食店と共に、地域の食を改善する“ミライズフラッグプロジェクト”
  2. 医師や管理栄養士監修のレシピによる社員食堂
  3. 共に健康活動を励まし、生活習慣を改める“CSH100日プロジェクト”
  4. 食事に先立って野菜を食べる啓発を行う“先野菜”
  5. アイコンである水を通じての健康促進・スポーツイベントへの積極参加・協賛など
    eishin_case_teishoku-472x300社員食堂の監修メニュー

gainare2ガイナーレ鳥取主催「復活!公園遊び」

ミライズCSH100日プロジェクト実績報告

対象:企業管理職・総合職 計19名 20代~60代・男性
結果:
①19名全員の平均値としてHbA1c値、LDL、中性脂肪の低下、HDLの増加。
 LDL/HDL=L/H比の低下。
②HbA1c(糖尿病)が境界域であった 6 名を含め 19 名全員の糖代謝の数値の低下。
③LDLコレステロールが高かった5名中4名が改善。
④中性脂肪が高かった7名中6名が改善。

地域における取り組み実績

上記企業のある兵庫県尼崎市立花において商店街・企業・医療介護事業者と共に
健康増進活動を行っています。

「立花をエコ&ヘルスな街に」をモットーに

  • 商店街飲食店における健康メニュー監修「ミライズフラッグプロジェクト」
  • 商店街・街のイベントにおける保健室・健康診断ブース設置

などを行っています。

miraizflag2ミライズフラッグと先野菜ポスター

miraizflagミライズフラッグ認定メニュー

立花保健室2保健室でのドクター講座

立花保健室3保険室での体操

当院の統括プロデューサーの「立花はパリだ!」という発見により、
街おこしとして「立花パリ化計画」も発動。
ピエール&マリアンヌというキャラクターも誕生し、
エコ&ヘルスな街・立花のブランディングに一役買っています。

※都市計画の際に、パリの放射状の都市づくりを参考にしたことが判明。

tachibanaparis

 

 考察「生活者が健康になるコミュニティ実現のための考察と医療機関の役割」

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME