メニュー

分子整合栄養医学とは

体はすべて水と食べ物からできている

three-d-1781597_640

 一般的な医療では、栄養はあくまでも治療をサポートする脇役ととらえられます。
でも、人が肉体をこの世に維持し、正常に機能させるための原材料は?
もちろん、毎日口にする食べ物と水。
栄養素はエネルギーをつくるだけではありません。
私たちは毎日の食事から栄養素を消化し吸収し分解し再構成し、
体のすべての要素をつくり、システムを構築しています

遺伝子、ホルモン、酵素、脳内の神経伝達物質、抗体
すべての細胞、骨、筋肉、コラーゲン、血液・・・
などのすべてが栄養素を原材料にしてできています。

その意味で、栄養は体の健康にとって主役だと言えます。

分子整合栄養医学は、1960年代に米国のライナス・ポーリング博士・カナダのエイブラム・ホッファー博士らが提唱し、実践されてきた栄養療法です。
ポーリング博士は54年にノーベル化学賞を受賞した世界的な生化学者です。

血液検査によって体の状態を、
生体を構成する基本単位である細胞を分子レベルで捉え、
必要な栄養素を至適量まで補給することで、細胞の合成や修復を促進し、体のシステムの不調を整え、様々な疾患を治す治療法です。

現代型栄養失調は一般的な医学では診断できない

一般的な医学や栄養学では、
糖質の摂り過ぎによる糖尿病
脂質の摂り過ぎによる脂質異常症
塩分の摂り過ぎによる高血圧症
カロリーの摂り過ぎによる肥満
など・・・主に摂り過ぎにフォーカスします。
これは、もちろん現代病としての生活習慣病の大きな原因ですが、
問題の全体のごく一部にサーチライトを当てたに過ぎません。

 現代人は、過剰の陰に隠れて、大切な多くの栄養素が不足しており、
ほとんどの人が何気なく生活しているだけで「現代型栄養失調」に陥っています。

不足しているのは、

  1. ビタミン類
     ビタミンA,カロテン
     ビタミンB群(ビタミンB、ビタミンB、ビタミンB、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンB12、葉酸など)
     ビタミンC
     ビタミンD
     ビタミンE(トコフェロール、トコトリエノール群)
  2. ミネラル類
     鉄(特に月経のある女性はほぼ全員が隠れ鉄欠乏)
     カルシウム
     マグネシウム
     亜鉛
     銅 他…
  3. ω3(n3)系多価不飽和脂肪
     EPA.DHA
     リノレン酸
  4. 食物繊維
     水溶性・非水溶性

  など…

これらが分子レベルで不足することで、
体の構造が上手く作れず、機能が発揮できなくなるので、

  1. 細胞の脳である細胞膜の機能の低下
  2. ホルモンや神経伝達物質の産生の低下
  3. 抗酸化酵素や消化酵素の機能低下
  4. 遺伝子の修復機能低下
  5. エネルギー産生の低下
  6. 卵子の老化
  7. ミトコンドリアの質の低下
  8. アレルギー反応の過剰
  9. 抑うつやイライラなど精神的な異常・・・etc.

並べれば枚挙にいとまがないほど、心身に様々な不調が起こり、
それが進行すると病気になってしまいます。
生活習慣病を悪化させるのも、栄養素の過剰だけでなく、不足が関係しています。

検査の方法

分子整合栄養医学的検査ご参照ください。

治療の方法

栄養素による治療が中心になります。
残念ながら、栄養素による治療の大半は保険で認められていません。
また、保険で処方できる薬剤としての栄養素は、

  1. 量が十分に摂取できないこと
  2. 吸収効率が悪いこと
    鉄などのミネラルについては
  3. 細胞障害性
  4. 腸内環境を悪化させること
  5. その他のミネラルの吸収阻害

などの理由から積極的にはお勧めできない状況です。

欠けていた車の片輪をはめる治療

よくびっくりされますが、
残念ながら、日本の医学部では栄養学についての教育が十分に行われていません。
ですから、多くの医師を含めた医療従事者、また一般的な栄養学を習っている栄養士であっても
栄養と体の関係についての理解は表面的なものにとどまってしまいます。
これは、教育システムの問題です。
大学1,2年生で習った「生化学」「分子生物学」などの教科書を改めて読み返すと
体のシステムや構造のすべてが栄養素から成り立っているとわかるのですが、
学ぶ角度が違うので、「それ」と「これ」が全く繋がらず、
目の前の患者さんの症状がまさか栄養的なアンバランスによって起こっていることなど想像もできません。
その為に、システムの不具合の原因として栄養を整えるよりも
そのシステムをサポートする為の薬物を投与することになります。
外科は手術などの外科治療がありますが、内科はとにかく薬物治療がメインのお仕事です。

分子整合栄養療法は、現代医学を否定するものではありません。
これまで欠けていた車の片輪をはめるようなものです。
現代医学では頭打ちで改善しない、治せない…といった領域に対して、
アプローチできる可能性が拡がる治療法の一つです。

完全に体の機能が失われてしまった場合や取り返しがつかないほどの変化や不具合が起こってしまった場合など、
取返しがつかないほどの不具合が起きる手前であれば、
ほとんどの生活習慣病や多くの不調・不具合は、
栄養的なアンバランスを調整することで、体本来のシステムを立て直すことが可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME